使い分けで劇的変化!〜白髪染めの種類〜

ヘアカラータイプの白髪染め

白髪染めの種類はとても豊富です。そしてそれぞれに特徴があり、使い方や仕上がり具合が違います。それぞれの白髪染めの特徴を知ることで、自分に適した白髪染めを選ぶことができます。一つ一つ詳しく説明していくので、白髪染め選びの参考にして下さい。

 

☆「ヘアカラー」
ドラックストアなどで市販されている最もポピュラーなタイプです。形状にもいろいろな種類があり、クリームタイプ・液状タイプ・乳液タイプなどがあり、最近特に人気なのが泡タイプのヘアカラーです。

 

ヘアカラーの白髪染めは、一度キューティクルを開いてそこにブリーチを施し、元々の色を抜いてから好きな色を入れるという仕組みになっています。そのため、カラーバリエーションが豊富なのが特徴の一つです。また、染料の特性により他の種類の白髪染めよりも色持ちが良いという利点もあります。

 

反対に、キューティクルを開いて色を入れるため、髪が傷みやすいというデメリットもあります。最近では髪や頭皮を傷めないタイプのヘアカラーも登場していますが、まだまだ種類は少ないですね。肌が弱い人やアレルギー体質の人の場合、炎症やかゆみを引き起こしてしまうこともあるので、使用する際は必ず最初に、パッチテストを行うようにしましょう。

 

〜特徴のまとめ〜
●カラーバリエーションが豊富
●色持ちが良い
●生え際・全体を染めやすい
●髪と頭皮を痛めやすい

白髪染め情報

利尻ヘアカラー・・・シャンプー後に使うトリートメント方式ですが、約10分できれいに染め上がるという手軽さだけでなく、自然な状態に染め上げてくれるので人気があります。